コンテンツへスキップ

手の痛みで接骨院へ

小さい頃から、手首の骨がずれる?ような感じがあり、腱鞘炎の症状なのか?そこを動かし過ぎると痛くなることがたまにありました。

ですがあるとき、超えていい範囲を超えてしまったというか、強い力をかけて物を持ったとき、いつもよりもぐぎっと骨が動いてしまい、その瞬間から動かせないくらい手首に激痛が走り、これはヤバイ!とおもい、接骨院を受診しました。

接骨院は、整形外科と違い、すぐに痛みを取り除いてくれるイメージがありました。

整形外科だと、だいたいかなりの時間待たされ…レントゲンを撮り…挙げ句の果てに湿布だけ処方されて終わり…みたいなことが多々ありました。

実際に接骨院へいってみると、手首を診察してくれ、その後、手首に電気をあてる治療をしてもらい、筋に力をくわえ、筋肉の緊張をほぐす処置をしてくれました。おかげで次の日から問題なく仕事に行くこともできました。

私的には、整形外科へ行くよりもまず、接骨院に行くのをオススメします。

ただ、保険の内容がかわり、一部保険内ではできないことも今は増えてきているようで、少し値が張ってしまうかもしれませんが、効果は大だと思います。